HOME ≫ インプラント ≫ 切らない・腫れない・痛くない治療術式(コンピューターシミュレーションシステム)

切らない・腫れない・痛くない治療術式(コンピュータシミュレーションシステム)

無痛・無血手術

“切らない”インプラント治療で手術時間や術後の腫れ、痛みを大幅に軽減できる最新の術式です…

無切開手術(フラップレス)術式によるインプラント治療とは、あらかじめCTによる精密検査やコンピュータシミュレーションによって最適なインプラント埋入ポジションを確定し、確実にそのポジションにインプラントを埋入するための手術用ガイドを作製することで、歯肉を切り、大きく剥離することなくインプラント埋入手術を可能にすることができる患者さんにとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。

従来のインプラント埋入手術のように歯肉を切らないため、出血や術後の腫れ、痛みなどを大幅に軽減することができ、縫合や抜糸といった処置も必要ないため、手術時間や治療回数も短縮できます。

  • オペ前オペ前
  • オペ直後オペ直後
  • オペ後オペ後
  • オペ前オペ前
  • オペ用ガイドオペ用ガイド
  • オペ後オペ後

コンピューターシミュレーションシステム

CTの登場により、現在の歯科医師は、患者様のお口を切り開かなくても、中の骨の状態を正確に知る事ができるようになりました。もり歯科・インプラントセンターでは医院内にCTを完備しています。インプラント治療を行う患者様には、手術前に必ずコンピュータ上でインプラント埋入のシミュレーション(ノーベルバイオ社のノーベルガイド)を行います。インプラントの種類や埋入方向、角度などを正確に決定し、オペ用のガイド用ステントを100%製作します。シミュレーションとガイドにより、より安全・安心で痛みの無いインプラント手術を行えるようになりました。

ノーベルガイドと言うのは、コンピュータ上で設計したインプラントを実際の患者様の骨に設計通りの位置に埋めるシステムです。シンプラント上で設計したインプラントの位置をメールでスウェーデンのノーベルガイドケア社へ送ると、光造形モデルで患者様の顎骨のコピーを作り、その骨モデルに適合するドリルのガイドを作成します。通常2ミリ、3ミリ、3.5ミリというようにドリルにあわせた外科用のステント(ドリルガイド)を作成する訳です。当院はこのコンピューターサージェリーソフトとして、 ノーベルバイオケア社のノーベルガイドを所有しています。またノーベルガイド用のブローネマルクインプラント用リプレイスインプラント用の外科キットも所有しています。
これで、間違いのない難しい手術を低侵讐で行うことが可能です。

  • ノーベルガイドシステムノーベルガイドシステム
  • 3D CT画像3D CT画像
  • コンピューターシミュレーションコンピューターシミュレーション

インプラント 関連ページ

もり歯科医院へのアクセス

PAGETOP