HOME ≫ 歯ならび ≫ 歯の病気は噛み合わせから

歯の病気は噛み合わせから

歯が痛くておいしいものが食べられない、これは大変つらいことです。
だから皆さんガンバッテ歯医者さんでみてもらいます。
でも、また痛くなる。
せっかく直しても、どこか悪くなってしまう。
これは、どうしてでしょうか?
それは、歯の病気の大もとをなおしていないからです。
ほとんどの歯の病気(虫歯、歯周病、顎関節症)はかみ合わせ(咬合)の悪さから生じているのです。
正しい咬合(顎の位置)をしていれば、歯そのものを失うことはありません。
そこで、矯正治療が必要となってくるのです。
矯正治療で正しい咬合(顎の位置)をつくれば、歯はいつも健康な状態にすることができます。
単に局部的な歯の治療を繰り返すのではなく、これからは顎の位置をしっかり調べて、正しい咬合(顎の位置)にすることが重要です。

矯正前

矯正後

矯正歯科 関連ページ

もり歯科医院へのアクセス

PAGETOP