新着情報

2018/06/03

2018 インビザライン アジア パシフィック大会 inシンガポール

5月30日から1000人を超えるインビザライン矯正歯科医が、日本をはじめ世界からシンガポールに集まり発表や研修を受けています。インビザライン のCEOからもこれからの方向性やCTなどとのコラボネーションを聴くことができました。

クリンチェックなどの技術的なことはもちろんですが、コンピュータによるイノベーションや材料による進化は会社や研究機関しかできません。ますますインビザラインの可能性が広がった感じを受けました。

世界の中で今、もり歯科・矯正歯科がどのポジションにいるか? そしてこれからどこに向かっていくべきか? 再確認できました。

インビザライン 2018アジアパシフィック大会
2年に一度の 2018 APAC inシンガポール3日間にわたっての研修・発表・表彰すべて終わりました。感想としては、アライナー矯正は次世代の矯正のメインになっていくことを、しっかりと感じ取りました。

アライナー矯正というよりもアナログからデジタルへという流れだと思います。今後はCTもデジタル印象と連携して更に進化していくことでしょう

患者さんへの負担の軽減。動かし方の正確さ。
素材の進化。3次元でのデザイン。CTとのコラボレーション。どれをとってもワイヤー矯正より優れている領域が大きいです。
更に、今まで困難であった大臼歯の遠心移動により非抜歯ケースの増加。ワイヤー矯正では非常に難易度の高いオープンバイトの治療

それらすべて、今回の大会でたくさんの症例発表があり
また、そのケースの難易度によって治療方法の選択があり、アライナー矯正のインビザライン のみで治療可能と言えるところまできています。

今回、もり歯科・矯正歯科でも症例発表をさせていただきました。多くの先生方から評価をいただいき、もり歯科・矯正歯科のスタッフのレベルの高さを感じました。

ドクターだけではこれからの矯正歯科は成り立ちません
多くの先生がチーム診療をかがけていました。アライナー矯正はとくに患者さんの協力度が必要になり、スタッフの力が医院の力になります。

これからも日本だけでなく世界の中でアライナー矯正のインビザライン を学んでいきたいと思いました。現在、世界で550万人の人がアライナー矯正のインビザライン にて矯正治療をうけています。

参加歯科医師 森 啓一

画像を大きくして読む

2018/02/13

日本口腔インプラント学会第37 回関東・甲信越支部学術大会

2/11.12と2日間にわたって日本口腔インプラント学会に参加しました

今回の大きなテーマはデジタル化

口腔内スキャナーをはじめ CAD CAM
インプラントのポジションのデザイン
補綴物のデザイン
ほとんどのことが今やデジタル化した

データを一元化することにより、多くの事が患者さんにとっても技工士にとっても、もちろんドクターにとってもメリットがあり、今後さらに進んで行く分野ではあることは間違いない

ただ全てAIでコントロールできる事はなくデンタルスタッフやドクターの技量がまだまだ必要とした所も多くあり、研鑽し続ける事が大切であることは変わりない

もり歯科・矯正歯科においてもスキャナーはセレックをはじめアイテロと2台
CADCAMであれば院内で技工が1日で出来るシステムもあり、かなりデジタル化している
模型の保管もSTLデータでの保管になりスペース的にもメリットがでている

日本口腔インプラント学会認定 専門医としても、最新の情報技術を学び進みたい

大会参加者 歯科医師 森 啓一

 

今大会では、
“インプラントを長期成功に導くメンテナンスとは”
“患者さんの安心と信頼に繋がるMTI 暫間インプラントの効果的臨床活用法”
“訪問診療におけるインプラントへの対応”
“QOL 向上を目指したインプラントデンチャーの勘所 ”
“デジタル時代のインプラント治療の要点を再考する ”
“チーム医療の重要性知識と技術の共有” “インプラント治療におけるデジタルワークフロー ”
“夢の実現ツキの十ヶ条 ”
“インプラント審美歯科 A to Z”
を講聴しました。
現在歯科の分野では 、デジタル技術の発展が目覚ましく特に補綴および診断においては それなしでは成り立たなくなっているといえます。取り残される事のないように日々研鑽を重ね、最大限に活用していけるようにしたいと思います。

大会参加者 歯科医師 佐藤嘉章

 

慣れない土地での電車と徒歩の移動に困惑しながら無事に2日目をむかえる事ができました。本日も講演を聞いたり、企業展示を見たり沢山の刺激を受けてきました。
中でも、なんでも鑑定団でお馴染みのブリキのおもちゃの北原さんの講演は良いものでした。
テーマは『夢の実現』。運は偶然ではなく必然であること。たまに起こる「今日はついている!」には10個の条件があるようです。皆さんも参考にしてみてください。

1.プラス思考 2.勉強会好き 3.素直 4.関心興味を持つこと 5.感動すること 6.感謝すること 7.ついている人と付き合うこと 8.親孝行すること 9.相手を褒めること 10.自分はついていると思うこと。

いくつ当てはまる項目がありましたか?
これらの条件が揃えば幸運はコントロールできるようです。心が変われば人性は変わります。
小さい事で悩まず。自分の夢を沢山の人に語りかけ、より具体的にイメージをする。そしてすぐに叶わなくても必ず実現するまで諦めない!

心温まる素敵な講演でした。

大会参加費 歯科医師 髙橋孝文

画像を大きくして読む

2017/11/02

インビザライン エクスペリエンス ミーティング

今日は国内外からプラチナドクター以上のインビザラインドクターが集まり、それぞれが症例を発表するスタイルのテーブルセッションがありました。

普段より講師をされてる先生方とマンツーマンで意見をディスカッションでき、とても良い経験になりました。これからの『 矯正歯科治療の未来 』についても色々な意見があがり、とても有意義な時間を過ごせました。

矯正歯科医師 もり歯科・矯正歯科 森 啓一

画像を大きくして読む

2017/10/05

iTero スキャニング導入

世界最新の精密スキャニング iTero

精密で正確。しかも快適で早く治療を進められるiTeroスキャニング。iTeroスキャニング の導入は、もり歯科・矯正歯科が北関東初だと思います。

今やインビザラインの矯正治療は世界で 450万人を超えます。インビザラインは、矯正治療法の21世紀のスタンダードになりつつあります。

そのインビザライン治療における型採りはiTeroスキャニングにより完全にデジタルに移行し、従来の粘土のような歯型採りの材料は使用しません。iTeroスキャニングは嘔吐反射の強い方でも、短時間で安全に精密に患者さんの歯型をとることができます。

もり歯科・矯正歯科ではインビザラインに重要な(精密な歯型データをとる) iTeroを導入し、完全にデジタルスキャニングに移行することになりました。今まで海外へ宅急便で送っていた歯型を、iTeroスキャニングではデータを瞬時にアメリカへ送信します。

そのため、インビザラインのデザイニングであるクンチェックもすぐに行え、早く治療をスタートすることができ治療期間も短縮されます。

もり歯科・矯正歯科では、さらなる最新の治療技術と共に最新の治療器具を導入しデジタル化をはかり、患者さんが安心安全に最新の治療が世界レベルで受診していただけるよう今後も研鑽を積んでいきたいと思います。

画像を大きくして読む

2017/09/26

第47回 日本口腔インプラント学会 in仙台

今年は仙台で日本口腔インプラント学会が開催されました。会員も2万人近くになり歯科医師の学会では一番の人数の学会になりました 。もり歯科・矯正・インプラントセンタースマイルラインでも15年以上程経過している症例も沢山出つつあります。

骨の造成やサイナスリフト等さまざまなテクニックを通して長期経過をみてきて、今回学会でも報告された既存骨に見合ったインプラントを埋入出来るようショートインプラントや径の細いサイズのインプラント、ソリューションの選択が大切になってきています。
またそれに伴いインプラントそのもののインテグレーションや強度も改善されてきています。もり歯科・矯正・インプラントセンタースマイルラインでも“安心安全”なインプラント手術をこれからも心掛けていきたいと思います。

現在もり歯科・矯正・インプラントセンターでは日本口腔インプラント学会専門医をはじめ認証医を数名輩出しつつあります。
高齢化社会に向けさらに重要な器官となる口腔を通じて地域医療に貢献していきたいと思います。
歯科医師 森 啓一

9/23.24 二日間にわたり、日本口腔インプラント学会学術大会に参加してきました。初めての参加となるインプラント学会でしたが、様々な講演を聞くことができました。私はもり歯科に勤務してから、骨のないところに骨をつくるより、既存骨内での埋入を優先する、と教えてもらってきました。 今回の学会での講演でも、これからのインプラント治療は既存骨内の埋入を優先、できる限り低侵襲という流れであり、考え方を再確認することができました。
これからインプラント治療を勉強していくことで、こういった学会、講演会への参加がさらに楽しくなると思いました。 日々よりよい診療を行っていけるよう、学んでいきたいと思います。
歯科医師 金子千紘

9/23.24日 仙台で行われたインプラント学会に参加しました。インプラントも時代と共に進化していること、インプラント患者さんが増える中、トラブルに対しどう対応するかなど知識を深めることができ、とても為になりました。日々の臨床で実践していきたいです。
歯科医師 櫻井悠貴

画像を大きくして読む

2017/07/21

インビザラインマスターコース in大阪

大阪でインビザラインのマスターコースに参加してきました。全国からインビザラインの専門医が集まるだけのことはあります。

佐本博先生の講演も抜歯ケースから始まりエラステックジャンプケース、ハイアングル三級非抜歯ケース、顎変位ケースもありインビザラインの進化と未来を感じました。今後、光学印象が出る予定です。

AIの進化と共に発展するインビザライン。毎回新たな発見がありワクワクした1日でした。

出席者 歯科医師 森 啓一

画像を大きくして読む

2017/06/26

第25回 日本成人矯正歯科学会

今年は『チーム歯科医療』がテーマでした。

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、それぞれがプロの意識を常に持って取り組む。
歯科医療は今後さらに『チーム医療』が大切になる。ということでした(^ ^)

また、学術展示ではMFTへの臨床的応用について、矯正中のTBI、アライナー治療でのアドバイスなど、参考になるものがたくさんありました。矯正で歯並びをよくするだけでなく、正しい咀嚼や嚥下、悪習癖を取り除くこと、お口の周りの環境を整えていくことがとても重要であることを、今後のカウンセリングに生かしていきたいと思います。

TC 奥寺 夏生

画像を大きくして読む

2017/06/26

これからの歯科医療の未来

東京ビックサイトにて日本成人矯正歯科学会へ出席してきました。テーマは【チーム歯科医療について】

矯正歯科医はもちろん歯科衛生士、歯科技工士、クオリティマネージャー、受付 とそれぞれがプロとして連携しあう事が大切です。もり歯科矯正歯科でも、最近はインビザラインがケースとして増えてきています。

インビザラインは 患者さんがしっかりアライナーを入れてもらえるようにモチベーションを高めることが、とても大切です。そのためにも、チームとしての連携が必要になってきています。

午後は国際フォーラムで【これからの歯科医療の未来】というテーマで、現在 活躍されている先生方の講演も公聴してきました。医科歯科の連携の時代を感じました。 たまには俯瞰の目で見ることも大切です。

出席者 歯科医師 森 啓一

画像を大きくして読む

2017/06/11

第35回 日本顎咬合学会学術大会・総会

今回の学会では
・Trends Affecting The Practice of Dentistry
・CAD/CAM修復
・口腔内スキャナーの臨床応用とポイント
を拝聴しました。歯科の世界は日進月歩。特にデジタル化の波は目を見張る物があります。もり歯科医院でもCAD /CAM の導入など最新の技術、デジタル化が進んでいます。そんな中、最終的にはやはりそれを扱っていく人間の手が重要なのだと言う事を今回の学会で再確認いたしました。

# 歯科医師 佐藤 嘉章

 
今日は顎咬合学会に参加させて頂きました。私は咬合・咀嚼の危機で日本沈没がテーマの口蓋は航空機能を鏡のように映す、乳幼児期における噛む機能の発達と遅延、 口腔機能の食支援の講演を聞かせて頂きました。咀嚼の発達は、出生から1歳になるまでに急激な変化を遂げていて、吸う機能の発達は噛む機能にも繋がることが分かりました。 現在、ご飯よりお菓子や甘い物を好んで食べる子どもが増えていることに衝撃を受けました。今回の講演で学んだことをこれから生かしていけたらいいと思います。

# 保育士 後藤綾乃

 

4月に歯科衛生士となった私は、今回初めて顎咬合学会に行ってきました。会場はとにかく広く驚きました(・・;)
「歯科衛生士がおこなう臨床での口腔内外診査」「見逃してはならない!口腔がん」の公演をききました。口腔内外診査など実際に臨床で携わっていくことなので、診査の内容や手順、カルテへの記入の仕方など様々なことを深く学ぶことができました。明日からの診療に生かしていけるようにしたいと思います!

# 歯科衛生士 嶋垣胡桃

 

6/11
今日は顎咬合学会に参加させていただきました。生活歯と変色歯の支台歯形成の違いや、下顎小臼歯の形成時の注意点など、明日からの診療にいけせるような講演を聞くことができました。
また、セミナーに行ってみたいと思っていた先生の講演を聞くこともでき、うれしかったです^^
このような会に参加することで知識の確認や新たな発見ができるので、とても有意義な1日を過ごすことができました。

# 歯科医師 金子千紘

 

今日、東京国際フォーラムで学会がありました。日々の臨床において様々な知識が求められるので、色んな分野に特化した先生の講演を一度に聞けてとても良い機会になりました。また、材料に関しても研究が日々行なわれており、より便利に使いやすくなっているので、色んなものに目を向けて今後も臨床に励んで行きたいです。

# 歯科医師 櫻井 悠貴

 

今回初めて顎咬合学会に参加させていただきました。東京国際フォーラムは想像よりも広くて驚きました! 私は5つの講演を聞きました
・効果的な歯周基本治療の進め方
・6mm以上の歯周ポケットを基本治療で治す技
・「力」を知ろう
・咀嚼様式検査からわかったこと 咬むこと・食べること
・歯科衛生士のための力の見どころ、読みどころです(^^)      メインテナンスの話が中心の講演がほとんどだったので理解しやすく、多くのことを吸収することができました。今回学んだことを日々の治療に活かせるようにしていきたいと思いました。

# 歯科衛生士 田貝美咲

画像を大きくして読む

2017/05/30

インビザラインJapanフォーラム2017

インビザラインジャパンフォーラム2017 に勤務医の先生と矯正治療のトリートメントコーディネータースタッフ、私の3人で出席してきました。現在、世界で450万人を超える人がインビザラインを使用しているアライナー矯正。素材の進化、AI 技術の進歩、治療データの蓄積、機材の進歩により、ほとんどのケースでインビザライン治療は可能になりました。それ以上にワイヤー矯正よりも適しているケースも増えてきました。

今年のテーマは『10代におけるインビザライン治療法』
10代においての矯正は成長発育が大きく関わってきます。それ故、機能的な装置が必要なケースが増えてきます。今回は機能的な要素を取り入れたインビザラインの装置のケースの発表でした。最近はアレルギーの患者さんも増えてきてます。金属アレルギー、ラテックスアレルギーの方にはとても良い治療法だと改めて感じました。

また、今までは型を取るのにシリコン印象で物理的に国際郵便で送っていたものを、光学印象でカメラによりデータとしてパソコンで送れるようになり時間的なロスもなくなります。時代はどんどん変化しAIは進んでいます。
もり歯科・矯正歯科でもしっかり見極めながら、患者さんに利益のある治療法を学んでいきたいと思います。

参加者:歯科医師 森 啓一  /  歯科医師    櫻井 悠貴  /  トリートメントコーディネーター  奥寺 夏生

 

5/29(月)午前中は、ニューヨークから来日されていたドクターGlaserが講師で特別に講演してくださいました。招待していただいた日本全国の矯正歯科専門医20名余りの先生達とディスカッションでき、とても有意義な時間を過ごすことができました。

参加者 :歯科医師  森 啓一

画像を大きくして読む

もり歯科医院へのアクセス

PAGETOP